2010年11月08日

「戸工会総会懇親会」



夜は同窓会の「戸工会総会懇親会」で小話と百面相をしました。
先輩や後輩の前で芸ができて幸せですー



百面相をする団四郎ちゃん



会場で東京の正木先輩と久し振りの再会
うれしなー
また、東京で落語会をするときにはお世話になります。



舞台では後輩たちが戸畑祇園祭りのだんじり囃子を威勢良く
たたいてくれました
皆さんカッコえぇなぁー



恩師三原先生と同級生の堀口君と竹中君と再会
三原先生お元気で安心しました。
堀口君・竹中君は私が総会で落語をすると聞き駆けつけてくれました。
 ありがとう。
先生を囲んで昔のことが走馬灯のようによみがえってきました。

戸工会最高ー 
戸工会バンザイー
楽しいひと時をいただきました。
戸工会会長ならび事務局の皆様、
そして総会担当役員の皆様お世話になりました。 
本当にありがとうございました。


posted by 自称「落語会のヨン様」 at 22:22| Comment(3) | TrackBack(0) | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
まずは、師匠と同じ、同窓生の一人として、「縁」に感謝します。また、身内や仲間を離れ、地方から、大都会で活躍される同窓の仲間らの、お気持ちが少しばかり、わかった気持ちに、なりました。ありがとうございました。師匠、またの里帰りを、待ってます。師匠、「上方落語協会」並びに、御家族の御健康、御多幸を祈念致します。
Posted by 玄海 松晤郎 at 2010年11月10日 03:46
同級生の竹中です。写真後列です。
久しぶりに総会へ参加しました。何故ならばあの植山君(團四郎師匠)が落語をするというではないですか。これは聞かなければ,あのおとなしかった彼の晴れ舞台を是非見たいと思ったからでした。いやー感動しました。笑いっぱなしでした。涙が出てきました。うれしかった。また,機会がありましたら聞きたいと思います。新作落語に学校で学んだ物理や力学のネタを織り込んで欲しいな。もう忘れたかな。再開の日を楽しみにしています。
Posted by 竹中 at 2010年11月10日 20:41
今日9月18日(月)わろてんかの製作現場で松阪桃李に演技指導しているのを見ました。
活躍しているのを見て嬉しく思っています❗
いいドラマになりますようにお祈りしています。
Posted by 竹中 at 2017年09月18日 09:15
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。